FC2ブログ
鉄な学校日誌
このブログは、東京の下町にある公立中学校の教員が、自分の日頃感じていることや、生徒や同僚達の活動の一こま、家族の様子などを「鉄」とからめて紹介していきます。
試験は終わりましたが、、、、
試験が終わっても職員室内は相変わらず慌ただしいです。

先週の木曜日に試験が終わりまして、今週の初めには
生徒総会もありました。
さらに7月11日からは三者面談もあり何かとばたばたしています。
本校は二期制なので夏休み前に通知表はありませんが、
それだと保護者も生徒も夏休みにどうしたら良いか不安。
ということで、成績中間通知(5~1はつけないで観点別評価のみ)は出しています。
その準備にはいりまして。

しかも、このところ梅雨なのに雨はほとんど降らず
(ある意味ありがたいですが)その分、暑い暑い暑い

教室内の環境は劣悪です。
そのなかで生徒達は良くやっていると思います。

教員の慌ただしさはいつまで続くのでしょうか?

ああ、試験前
中間試験を来週に控え、職員室内はとても慌ただしいです。

しかも、職員室内は試験作成の関係もあって入室が
禁止されています。
これが結構大変で、特に1年生とかいきなり入ってきてしまって先生に注意されます。注意されても平然としていたり、、、
さすがに上級生はちゃんとしていますが、中にはやはり・・・

この辺が学校の特殊性かもしれません。
いまさら何でという声もあるかもしれませんが、
中学校は義務教育の最終段階なのでこのあたりを教える必要も
あると私は思っていますが。

ところで試験前と言うことは「部活動」も基本的に中止に
なりますが、やはり大会前の部活は時間を限定し行います。
ここらも難しいところだと思います。
どちらを優先するか?教育活動的にはどちらも大切ですから。
このあたりの判断は大変です。

仮面ライダー1号、2号復活(スポニチ記事より)
元祖「仮面ライダー」映画で復活
 往年のヒーロー、仮面ライダー1号・2号が映画で復活することになった。「仮面ライダー THE FIRST」(監督長石多可男)と題したもので、本郷猛と一文字隼人が、悪の秘密結社ショッカーと戦う原点回帰のストーリー。改造人間となった2人の苦悩なども描かれる。新ヒーローには黄川田将也(25)と高野八誠(27)が抜てきされた。

 71年の放送開始当初から、チビっ子の心をとりこにした仮面ライダー。その精神は、現在放送中の「響鬼(ひびき)」まで綿々と受け継がれているが、原点の1号・2号の復活で新たな潮流をつくる。

 「仮面ライダー THE FIRST」は、故石ノ森章太郎さんの原作コミックを換骨奪胎してストーリーを構築。白倉伸一郎プロデューサーは「ただのリメークではなく、正面から見据えた新しい現代のヒーローとして、命を吹き込みたかった。ブームの中でやることに意味がある」と説明する。

 本郷猛は科学者という設定で、ショッカーに拉致されバッタの改造人間(1号)にされてしまう。自我を取り戻し戦うことを決意し、新たな刺客として送り込まれた一文字隼人(2号)と共闘していく勧善懲悪のヒーローもの。加えて2人の悲哀、かっとうなど“人間ドラマ”にも深く切り込んでいる。ライダーのデザインは、色合いなど若干のアレンジは加えたものの“旧1・2号”を踏襲した。

 既に撮影は終了し、藤岡弘(59)が演じた本郷役の黄川田は「1号のイメージを損なわないように演じた。05年版本郷猛を楽しみにしてください。見た方に正義、愛、勇気、そしてあこがれを持ってほしい」と自信。佐々木剛(58)が扮した一文字に選ばれた高野も「脚本が昔の作品とは別の良さを感じさせてくれた。新しいライダーの歴史の始まりという気持ち」と手応えをつかんでいる。11月公開。
[ 2005年06月08日付 紙面記事 ]

[READ MORE...]


プロフィール

 chemical77

  • Author: chemical77


  • Blogの管理人代理 ちょびの軌跡


    記事を読んで
    よろしければクリック
    してください!↓
    FC2 BlogRanking


















最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する